お掃除研究中

 お掃除のコツは汚れをためないこと。

今回結構身にしみました。

3年前のキッチンですからまだ救われましたが、

御主人が釣りをなさるお宅。

しかも揚げ物が多い。

天井付近まで揚げ油の撥ねが飛び散っておりました。

「てんぷらでも爆発したんですか?」

と思わず聞いてみました。

「イカなのよ」

「…」イカのてんぷらは非常にはねるらしい。

そういえば私はから揚げはよくやるけどてんぷらはあんまりしないなあ。

そうなのか…。そんなにイカは跳ねますか?

天井までは今回はできませんでしたが、壁のクロスは防汚対応の表面の硬いものが貼ってあったので、

業務用洗剤吹き付けて、かめのこたわしでごしごししちゃいました。

※洗剤が残ると黄ばみが出る可能性があるので、よくふき取ってください。

ジョイント部分には吹き付けないほうが良いでしょう。しみやはがれの原因になります。

仕上げはスチーム掃除機の出番。

スチームをかけつつ洗剤成分を取り除きます。

新品とは言いませんが、きれいになりました。

お掃除は水ぶきと乾拭きが基本です。

ついた汚れをためずにどれだけふき取れるかにかかってきます。

上のほうから埃を払い、固く絞った雑巾で水ぶき、時間をおかずに乾拭き。

これで掃除は完璧なはずです。が、なかなか全部できるもんでもありません。

いや、いるんですが…。少数派だと思いますよ。

私も口だけ。

落ちない汚れと格闘するのはつらいので、

研究をするんです。

換気扇は年に一回だとつらいです。

3年に一回だと市販の洗剤ではかなりつらいです。

月に一度、中性洗剤に付けおき洗い。

※食器洗い洗浄器に入れる。しょくせんきお持ちの方は月一洗浄してください。ぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。