カビ退治

 カビにお困りの方結構多いんじゃないかと思います。

今日のご提案は調湿建材と呼ばれるものをご紹介。

湿度が高くなると湿気を吸収。
乾燥すると湿気を放出する。これが、臨機応変に湿度を調節する「調湿」機能です。
まるで呼吸するように湿気をコントロールします。

アレルギーの元になるカビ・ダニの繁殖を抑えたりホルムアルデヒドを吸着したり機能充実です。


風邪・インフルエンザの予防や美容のために加湿器をご利用のお宅も増えていますが、

ポイントは”調湿”です。

洗面・キッチン・押入れなどご家庭によって湿度の溜まりやすい箇所があるかと思いますが、

シリカゲルなどの乾燥剤ではなく、調湿機能のある下地材がたくさん販売されています。

かたちも素材も色々でほんとに必要なところでお使いいただければよいかと思います。

松下電工しつど番
 ダイケンさらりあ

透湿素材のクロスの下地に使えるものや、

おしゃれな腰壁に調湿昨日のあるもの。

押入れの内部に建材も多種多様です。

その他、天然素材のものもおすすめです。

炭の練りこんである和紙のシートや話題の珪藻土など外観は勿論、ご家族の健康にも一役買うかと思います。

http://www.take-f.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。