バリアフリー改修10|台所・洗面所の改修ポイント

バリアフリーのキッチン

キッチン・洗面所|バリアフリー改修のポイント

キッチン・洗面などの水周り設備を使いやすい高さに設計することで、より自立した生活を送ることが出来ます。高齢者にとっても、介助者にとっても大切なことではないでしょうか。 火やお湯を使う設備の老朽は思わぬ事故につながることがあります。ちょっとした配慮で防げる事故もあります。

水栓金具のバリアフリー

温度調整が難しかったり、「ひねる」操作がしにくい場合、水栓金具を変更してどうでしょうか?又、ひねるタイプの水栓にも簡単に取り付けられるレバー式の補助具も市販されています。 レバー式のワンハンドル・タッチ式のもの。又症状によってはフットレバーのものなど。 水栓金具のバリアフリー ※熱湯が急に出たり、お湯の温度が不安定な給湯器はサーモセンサー付きの水栓金具に変更する。

キッチン・洗面台の高さのバリアフリー

利用する状況により使いやすい高さが違います。昇降機能付きの洗面台もございます。御家族構成によっては効果が高いかもしれません。 洗面台の高さイメージ 低めの設計と、足元にスペースを作ることで車椅子対応に。又、椅子に座っての身づくろいも可能になります。 車いすや座っての身づくろい

キッチンのバリアフリー

立ちっぱなしの作業になりがちなキッチンスペース。スツール等を持ち込むことで座って作業することも出来ます。 システムキッチンだとなかなか高さの調節がしにくいのですが、パーツを組合せて自由なレイアウトを作ることも出来ます。危険のないよう機器の置き場所、高さなどに工夫しましょう。 写真のスツールは荷重をかけるとブレーキが解除される仕組みになっています。安全面へも配慮が必要です。足元をオープンにしたシステムキッチン。 水栓はタッチ式 吊戸は下に下りてくるタイプのもの IHクッキングヒーターグリルレスで換気扇連動 昇降機能付きのテーブルワゴン

IHクッキングヒーターについて

ガス台が危ないからと、IHクッキングヒーターを希望される方が増えています。火の出ないIHクッキングヒーターは確かに安全性・清掃性に優れています。加熱力もガス調理器以上のカロリーが得られ、タイマーなどの機能も充実しています。 しかし、調理をする上で加熱方式が大きく違うので、年齢の高い方で慣れないで使いにくいとおっしゃる方も多いのです。各電力会社などでは実際にIHを使ってのお料理教室など安価に(あるいは無料で)行なわれていますので、正しく理解した上での導入をおすすめしています。気分の優れない日はキッチンに立たずにお茶が飲めるなどの工夫はいかがでしょう? 卓上の電気ポットや卓上IHなどは安価に設置できるのではないでしょうか? IHクッキングヒーター料理教室写真は東京電力川越ショールームでのお料理体験教室の様子。

バリアフリー改修9|トイレ・浴室温度変化も

温度もバリアフリー|快適な生活が在宅介護時の事故を予防します

壁掛けの暖房機 洗面脱衣室・トイレ・浴室での事故に温度差により発作を起こしたおれるなどの事故も多く発生しています。
冬期は暖房器具を使う、浴室を暖めてから利用するなど、室内の温度差を少なくする工夫をしましょう。

浴室スノコの設置で、段差解消と同時にタイル床の冷たさの軽減にも役に立ちます。
(さらに…)

バリアフリー改修8|廊下・玄関・アプローチ

廊下・玄関・アプローチ|バリアフリー改修のポイント

室内を安全に移動するには、「段差をなくす」「通路幅を広く取る」「開き戸を引き戸に替える」などの対策が考えられます。
又、スリッパを履いている時の事故も多くなっています。

玄関は靴の履き替え時にバランスを崩す、玄関マットやスリッパにつまずく、上がり框を踏み外すなど、事故の多い場所です。 (さらに…)

バリヤフリー7|手すり設置のポイント

要介護者の利便性にあわせ介助する側の視点も重要です。

バリアフリー改修を進めるにあたっては、要介護者の利便性を考えるのはもちろんですが、介助する側の動作、使い勝手などの視点が重要です。第三者に相談すると同時に家族ないでも話し合いを持ちましょう。


歩行が難しくなった時に、一番先に思い浮かぶのが手すりの利用です。実際に住宅改修で最も要望の高いのが手すりの設置です。
(さらに…)

バリアフリー改修6|介護保険の適用サービス

介護保険の適用できるほかのサービス

要介護など状況に応じて介護保険の使えるサービスは下記のよう。
市町村窓口やかかりつけの病院・のどで相談するとケアワーカーさんがそのほかの状況に応じてアドバイスをしてくれます。自分はどうだろう?うちの親はどうだろう?と思ったら市町村の窓口に相談してみるのも良いでしょう。
(さらに…)

バリアフリー改修5|要介護者のためのバリアフリー改修

要介護者の為のバリアフリー改修

急速な高齢化の進展に伴い、寝たきりや認知症の高齢者が増え続けています。介護問題が、老後生活のもっとも大きな不安要因となるなかで、2000年(平成12年)から介護保険制度がスタートしました。
平成22年高齢社会介護グラフ
平成25年には4人に一人が65歳以上の高齢者であるという予測 介護保険の被保険者は、65歳以上のお年寄り(第1号被保険者)と40歳から64歳の方(第2号被保険者、医療保険に加入し、特定疾病によって要介護状態になった方)に分かれますが、ここでは65歳以上のお年寄りを対象としたバリアフリー改修について紹介していきます。
(さらに…)

バリアフリー改修4|トイレ・浴室での事故防止

トイレ・浴室での事故防止


☆浴室での事故が多いのは
①足を滑らせて転倒する
②居室との温度差による血圧の上昇で脳や心臓に発作を引き起こす
③熱湯によるやけど

☆トイレ内でも共通の事故例が挙げられます。

☆日常使いやすい環境にすることで、事故防止はもちろん高齢者の自立した生活にもつながりますね。
(さらに…)

バリアフリー改修3|階段・廊下での事故防止

廊下・階段での事故防止

当社施工例|階段手すり
廊下は、キッチン、居間、寝室、浴室、トイレなどの部屋をつないでいるため、移動がしやすいことは生活するうえで大変重要です。一方、階段はもっとも事故が多い場所ですから、特に注意が必要です。

改修のポイント

  1. 大きな段差より地位差の段差のほうがうっかりしてつまづきやすいので、3ミリ以上の段差には三角形の断面の面木などをあてて、段差をなくす工夫をする。
  2. (さらに…)

住宅での事故の予防と要介護者のためのリフォームのポイント


☆加齢による体力・視力・判断力の低下は個人差はありますが、誰にでも感じられる瞬間が来るのです。
心配事は早めに相談。お医者様に健康相談をするように、住宅の不安を感じたら私どもにご相談下さい。
住み慣れた住宅だから気がつかずにいる落とし穴を的確に診断します。
☆ここではリフォームを離れ広く情報を集めてみました。

(さらに…)

家庭内事故を防止する|バリアフリー改修2

 厚生労働者の調査によると、家庭内事故による死者数は年間7千人を超えています、被害は老人と子供に集中しますが、なかでも65歳以上のお年寄りが全体の70%以上を占めています。

誰しも加齢は避けられません。気づかないうちに運動能力は下がってゆきます。膝が上がりにくくなり今まで気にしていなかった少しの段差に脚をとられて転んでしまう。そんなことってありませんか?
(さらに…)

バリアフリーとは?|バリアフリー改修1

高齢者や障害者が社会生活をしてゆく上で「障壁」(バリヤ)になるものを「除去」(フリー)すること。物理的、社会的、制度的、心理的な障壁、情報面での障壁などすべての障壁を除去するという考え方。※国土交通省パンフレットより転載

広い意味で使われる言葉ですが、住宅リフォームにおいては住宅での事故を出来るだけ防止し、加齢による身体機能の低下、障害があっても安全に生活が出来るよう、住宅の構造設備を整える改修もしくは設計の事を指すと思います。

伝統的な日本の家屋は敷居があり、和室は廊下の床面より一段高いなどの特徴があります。年を取ってすり足で歩くようになってくると、ちょっとした段差でも転倒や骨折につながる危険なバリアとなってしまいます。転倒や骨折の事故から、寝たきりや死亡につながることも珍しくありません。

また、家の中の環境だけでなく、日本人の生活習慣や価値観もバリアのひとつになっている側面があります。
たとえば、お年よりは寝起きがしやすいベッドを使いたがらず、椅子に座って過ごすのが楽であっても、たたみの上に横になるといった具合です。

三世代同居のイメージイラスト
三世代同居のイメージイラスト

住宅で困っていること(内閣府の調査より抜粋H17調査)

住宅で困っていることが「ある」と答えた方は4割を越えていました。


老朽や借家の場合の不安・経済的な不安など「困ったこと」は多岐にわたります。持ち家の場合は設備機器や間取りの変更・段差解消など家庭内事故を防ぐために住宅改修は有効です。

トイレの手すり施工

跳ね上げ式手すり

 雪の降る中、老人ホーム?最近は違う言い方があったような…。

とにかく介護付の福祉施設内・占有スペース内のトイレに、

症例にあわせた手すりの設置を、とのことで伺ってきました。

跳ね上げ式手すり
跳ね上げ式手すり
(さらに…)