エコ窓リフォーム「フレミング」を探せ!!|by YKKap

YKKさんの研修で面白いかなと思ったのが、

YKKのサッシのシリーズで「フレミング」というのがあるんですが、

普通に使われているサッシなんですが、

通常ガラス交換のエコリフォームだとガラス部分のみの交換で建具枠はそのままなのですが、

フレミングは建具ごとの交換ができます。規格が変わっていないんですね。

レールなど建物に接続している部分はそのまま使って、

新型「フレミング」の建具はもちろんペアガラス使用あり。

結露防止・クレセント錠や戸車は新品になるので、

使用感は格段にアップ。

レールなどは交換しないので外壁などは壊さないで施工ができるわけで、

窓をそっくり交換するような工事は必要ないです。

※工事やさんはどっちでもいいんですが。費用負担はもちろん大きくなっちゃいますので…。

まずは自宅のサッシが「フレミング」なのかどうか?

大体サッシ建具の右上にラベルがはってあります。

「フレミング」に記述があったら、それは上記のリフォームができるということ。

お掃除でラベルなんかもうないわという方はご相談ください。

クレセントの形状・レール間寸法(35mm)・下框の寸法

などで見分けます。

エコ窓リフォームをちょっとだけ考えた方は見てみてください。

YKKap窓リフォームの話
YKKap窓リフォームの話

エコ窓リフォーム研究中

リフォームはテイクファイブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。