小心者のうちの二歳半の豆まき。

 おととい、保育園で節分行事が行なわれていました。

昨年は、担当の先生に抱っこで大泣き。

さて、今年は…。

2/3のあさ。おきてこないので揺り起こすと、

第一声「…今日、オニ、来る?」

母「…くるよーん。」

息子「ひーん。」

それでも送り出す。

先生に朝の会話を報告。

先生「うーん。心配はしてるんですけどね。(小声)実はきょうのオニ、わたしなんです。」


ひー。かわいそー。心のよりどころ、大好きな担任先生はいないんだー。(鬼になってる)

「…うふふふふ。」

※かわいそうでもかわいいやらおかしいやら。先生と一緒ににやにや。

夕方帰って

連絡帳には「目に涙。いっぱいいっぱいなかんじでした。」

本人から話を聞くと。

息子「先生がオニだった。」

…推理しましたか?大きくなったねえ。

でも、いっぱいいっぱいだった様子。その日は早く寝てました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。