早起き映画鑑賞は容疑者Xの献身

 実は上映前から見たかったんだけど、

東野東吾結構好きで、耐えられなくなって原作小説を読んでしまってました。

ストーリーもトリックもそのままなので、

※柴咲コウの役くらいでしょ後付なのは。

つらかったです。

これに関しては、映画を見てから原作を読む、のもキツイカナ。

フクヤマスキーなので、最後まで楽しく見られましたけどね。


原作の感動のほうが大きいかなと、思うのは原作最初に読んだからかな?

心理描写が活字になっていたからかな?

推理小説は2回読まないんだけど、読んでみようかな?

そんな気分になる一作です。

映画・原作 両方見てない人は、よく考えてから見ないと損した気分になるかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。