中古物件購入リフォーム応援します

不動産は今が買いどき|

 転勤・転職・結婚・独立。人生の転機に大きな買い物をしようとしている方。
住宅戸数は余り気味。ということは、もちろん中古物件転居のためのリフォーム・リノベーションも増えております。
とはいえ、人生において大きな買い物であることは間違いありません。物件選びもご相談下さい。
不動産屋さんではありませんから、あれこれおすすめはいたしませんが、これをリフォームするとこのくらいの費用がかかって、こうなります、その物件のリフォーム業者から見たメリット、デメリットをお話しすることが出来ます。
けっこうお役に立てるのではないかしらと、考えてます。でも主観でかいてます。
新築屋に笑われるかもしれませんリフォーム屋のたわごとです。

リノベーション:はやり言葉中古住宅再生を指すらしい…。

住宅を選ぶとき。マンションの場合・戸建の場合

図面チェックからはじめましょう。間取り図の中で窓から窓へたとえば居室から浴室換気扇へ、スムーズに空気が流れる間取りであるか?滞りそうな場所がある場合、現地で重点的にチェックしましょう。リフォーム前の物件のほうが住宅の基本性能は読み取りやすいかもしれません。
湿気・カビ・しみ・臭いなどでチェックしましょう。マンションリフォームでは躯体構造部分は壊すことが出来ませんので、間取り変更には限界があります。空気がよどみやすい間取りの壁が躯体でなければ通気を取ることも可能です。

戸建の場合、少し高さがある物件のほうが住宅が傷みにくいかと思います。床下も深さがあるほうが後々メンテナンスが容易になります。高すぎると玄関まで階段で大変で…等他にデメリットもあるのですが。道路より低くなったお庭などは湿気のたまりやすい環境を作ります。家選びは土地選びです。良い地所ならば古くなっても転売は容易でしょう。
玄関を入ったときの臭いには敏感になりましょう。床下収納庫を開けると床下がのぞける住宅も多いです。のぞいてみましょう。不動産屋さんによっては防蟻処理など床下に施す業者さんがあります。そのときは無臭になります。
建具・サッシの建付けを確かめましょう。建築後3年~5年で地盤が安定しますが、地盤によってはいくらか傾きが出る場合があり全体がゆがむとサッシが開かなくなったり隙間が出来たりします。

チェックポイントはたくさんありますが、良い土地であることにこしたことはありませんので参考まで。
…土地の良し悪しはリフォームで何とかなるものではありません。

築浅10年以内

2000年の建築基準法の改正で住宅の断熱や耐震の基準が大きく引き上げられましたので、普通の建売の場合はその年式で大きく差が出ます。ですから築浅11年未満の住宅は特に直さなくても買い頃といえるでしょう。給湯器・ガスコンロ・トイレ水廻りのパッキン部分※シャワーとかねに不具合が現れてくる頃なので予算建しておきましょう。
ちなみにクロスの耐用年数はメーカーが言うところ8年くらいだそうです。壁だけでも張り替えるとなんだか自分用になった感じがするので、金額的にはお得なリフォーム。でも張り替えなくても特に不便だったりはしないので後回しにされがちなリフォームですね。

<<おすすめリフォーム>>
  • クロス張替え・襖張替・畳表替え・
  • 給湯器交換・キッチンコンロ・水栓・シャワーなど部分交換
  • トイレだけは変えたい!10年だとまだ早いかな。便座くらいは取り替えるといいかも。
  • 収納の内部造作・和室から洋室への仕様変更など自分スタイルへのリフォームはなかなか住みながらでは大変なのでこれは…と思えばご相談下さい。

築25年くらい

建売は、寒いです。※すいません主観です。バブルがはじける前までの物件にはけっこういい建物があったりします。
そろそろ水廻り一式のリフォームをする頃です。自分の好きにしたい部分のリフォームが済んでなければラッキーと思ってください。最新設備を入れましょう。キッチン・お風呂・トイレ・洗面などまだきれいでも年代なりの疲れ具合になってます。
パッキン類・網戸・サッシの樹脂部分などかなりくたびれてきてますので要チェックです。メンテナンスされていればラッキー。そうでなければ直しましょう。

築35年くらい

ピンきりです。低い土地は避けましょう。湿気がどうしてもたまるので基礎部分に不安が出ます。
古くからの造成地はおすすめです。ただ、この頃の物件で、造成地は区画が広めでちょっと土地価格が下がりにくいのでお値段的にはお高いです。しかもメンテナンスに費用がかかります。でも古めです。10年後建て替えを考えるのか、先30年暮らせるリフォームをかけるのか、購入時点で決めましょう。悩みながらのちょっとだけリフォームではきれいになりません。悩みどころです。

築45年以上

土地条件の良い注文建築以外の物件はおすすめできません。更地にして新築しましょう。
これが、100年経っても味の出る物件も世の中にはあるのですが、こうなると宮大工さんの仕事になります。
私も手がけてみたいですがまだありません。

年経っても味の出る物件も世の中にはあるのですが、こうなると宮大工さんの仕事になります。
私も手がけてみたいですがまだありません。

ユニットバスの窓の話

ユニットバスの窓施工時

ユニットバス交換時既存の窓をそのまま利用するとこんな感じ

ユニットバス施工既存窓利用
ユニットバス施工既存窓利用
左右に入り込みができます。構造上仕方がないのですがサッシ交換すると左右も窓枠がすっきりします。
ユニットバスの窓
ユニットバスの窓

メーカーさんのカタログですが左右すっきり窓枠になります。

参考まで

バリアフリー改修6|介護保険の適用サービス

介護保険の適用できるほかのサービス

要介護など状況に応じて介護保険の使えるサービスは下記のよう。
市町村窓口やかかりつけの病院・のどで相談するとケアワーカーさんがそのほかの状況に応じてアドバイスをしてくれます。自分はどうだろう?うちの親はどうだろう?と思ったら市町村の窓口に相談してみるのも良いでしょう。

介護保険で利用できるサービス
住宅改修 福祉用具(購入) 福祉用具(レンタル)
  • 手摺の取り付け
  • 段差解消
  • すべりの防止及び移動を円滑にするための床又は通路面の材料の変更
  • 引き戸などへの扉の変更
  • 洋式トイレなどの便器の取替え

  • 腰掛便座
  • 特殊尿器
  • 入浴補助用具
  • 入浴用いす
  • 浴槽用手摺
  • 浴槽内いす
  • 入浴台
  • 簡易浴槽
  • 移動用リフトのつり具の部分

  • 車椅子
  • 車椅子付属品
  • 特殊ベッド
  • 特殊ベッド付属品
  • 床ずれ予防用具
  • 体位変換器
  • 手すり
  • スロープ
  • 歩行器
  • 歩行補助杖
  • 俳諧感知器
  • 移動用リフト
  • 段差解消リフト
  • 垂直移動のみの入浴リフト
  • 立ち上がり補助いす
  • 入浴リフト スライディングボード、マット 六輪歩行器
一人原則一回のみ20万円
自己負担一割
一人年間に10万円、
自己負担一割
介護費用に含まれる、
自己負担一割

※市町村によって、表現・規定が若干変わるようです。

相談にしっかり乗ってくれる機関を見つけましょう。

※要介護認定を受ける状態の方が自宅での生活を続けて行くためには、住宅改修だけでなく状況に合わせた福祉用具を使うことが必要になります。
※一時的に必要な福祉用具などはレンタルできる場合も多いです。
※状況に応じた助言をしてくれる機関・しっかりと相談に乗ってくれる機関を見つけましょう。

バリアフリー改修5|要介護者のためのバリアフリー改修

要介護者の為のバリアフリー改修

急速な高齢化の進展に伴い、寝たきりや認知症の高齢者が増え続けています。介護問題が、老後生活のもっとも大きな不安要因となるなかで、2000年(平成12年)から介護保険制度がスタートしました。
平成22年高齢社会介護グラフ
平成25年には4人に一人が65歳以上の高齢者であるという予測 介護保険の被保険者は、65歳以上のお年寄り(第1号被保険者)と40歳から64歳の方(第2号被保険者、医療保険に加入し、特定疾病によって要介護状態になった方)に分かれますが、ここでは65歳以上のお年寄りを対象としたバリアフリー改修について紹介していきます。

介護や支援が必要になった場合、住所のある市・区役所、町村役場に「要介護認定」の申請をして、介護認定審査会にどの程度の介護、支援が必要かを認定してもらいます。

要介護状態の区分と状態の目安

要介護状態区分 状態の目安 利用限度額
要支援1
  • 食事や排泄など身の回りのことはほとんど一人でできる
  • 立ち上がりに支えが必要なことがある
49,700
要支援2
  • 身の回りのことなど日常生活の一部に何らかの支援が必要
104,000
要介護1
  • 身の回りの世話など日常生活に部分的な介助を要する状態
  • 認知力・理解力などに衰えが見られる場合がある
165,800
要介護2
  • 食事や排泄、入浴、洗顔、衣服の着替えなど日常生活に多くの介助を要する状態
  • 認知力・理解力などに衰えが見られ、問題行動が見られる場合がある
194,800
要介護3
  • 食事や排泄、入浴、洗顔、衣服の着替えなど日常生活に多くの介助が必要な、中程度の介護を要する状態
  • 多くは立ち上がりが自分で出来ない。歩行が自分でできないことがある
  • 認知力・理解力などに低下が見られ、問題行動がいくつか見られる場合がある
267,500
要介護4
  • 日常生活全般にわたり全面的な介護が必要となり、介護無しには日常生活を行なうことが困難な状態で、重度の介護を要する状態
  • 認知力・理解力などに著しい低下が見られ問題行動が増えてくる場合が多い
306,000
要介護5
  • 日常生活全般にわたり介護無しには日常生活を行なうことが不可能な状態で、最重度の介護を要する状態
  • 意思の伝達がほとんど、または全くできない場合が多くなる
358,300

※金額は月の上限額です。限度額内のサービス利用は負担額1割、それを超えた分は自己負担になります。

専門家に相談しましょう

※上記月額以外に20万の住宅改修費を申請により使うことが出来ます。何度かに分けても利用することが出来ますが、後々別のところの改修を望まれる声を聞くことがあります。
個人の症状にあわせた改修は医療機関を含めた専門家によくよく相談しましょう。

  1. かかりつけの医師・診療窓口に相談する。
  2. 市町村の窓口に相談する。
  3. 地域のケアワーカー等に相談する。
  4. 介護福祉に精通した工務店・工事店に相談する。

ご家族を含めた生活環境・生活動線の確認が大切です

☆通常のリフォームをご希望の方にも10年先を見据えたリフォームをおすすめしております。
バリアフリー住宅はご高齢者の方だけでなく全ての人に住みやすい住宅です。手すりだらけの住宅ではない、住む人全てに優しい住宅を日々研究中です。

家庭内事故を防止する|バリアフリー改修2

 厚生労働者の調査によると、家庭内事故による死者数は年間7千人を超えています、被害は老人と子供に集中しますが、なかでも65歳以上のお年寄りが全体の70%以上を占めています。

誰しも加齢は避けられません。気づかないうちに運動能力は下がってゆきます。膝が上がりにくくなり今まで気にしていなかった少しの段差に脚をとられて転んでしまう。そんなことってありませんか?

スリッパを履いているときは特に多いようです。つまずいて転倒しそうになった場合に、身を守るための反射的な動作を取ることが難しくなり、筋力が低下しているうえに、骨粗鬆症も加わると骨折を起こしやすくなります。また、冬場は部屋によって温度差が大きく、暖かい部屋から浴室やトイレに行ったときなど血管が収縮して脳や心臓に発作を起こしやすくなります。

今まで当たり前のように出来ていたことがだんだん難しくなってくるわけですから、家庭内での危険箇所の改修の必要性が出てきます。

自宅内での転倒事故(内閣府の調査より抜粋)

■自宅での転倒事故■60歳以上の方への住宅環境意識調査より抜粋(H17)

(1)自宅内での転倒事故

自宅内での転倒事故についてみると、この1年間に転んだことのある人は10.6%と1割の人が自宅内で転倒している。

年齢階級別にみると、年齢が高いほど転倒事故の割合が高く、「85歳以上」では25.3%と4人に1人の割合となっている。

(2)転倒した場所

転倒した場所についてみると、「庭」が26.5%と最も高いが、前回調査(平成13年)と比較すると、「庭」の割合は減少し、「玄関・ホール・ポーチ」、「廊下」及び「浴室」の割合が増加している。

(3)けがの有無等

自宅で転倒した人のけがの状況をみると、「けがはなかった」が37.5%で、転倒した人の約6割が何らかのけがを負っている。

バリアフリーとは?|バリアフリー改修1

高齢者や障害者が社会生活をしてゆく上で「障壁」(バリヤ)になるものを「除去」(フリー)すること。物理的、社会的、制度的、心理的な障壁、情報面での障壁などすべての障壁を除去するという考え方。※国土交通省パンフレットより転載

広い意味で使われる言葉ですが、住宅リフォームにおいては住宅での事故を出来るだけ防止し、加齢による身体機能の低下、障害があっても安全に生活が出来るよう、住宅の構造設備を整える改修もしくは設計の事を指すと思います。

伝統的な日本の家屋は敷居があり、和室は廊下の床面より一段高いなどの特徴があります。年を取ってすり足で歩くようになってくると、ちょっとした段差でも転倒や骨折につながる危険なバリアとなってしまいます。転倒や骨折の事故から、寝たきりや死亡につながることも珍しくありません。

また、家の中の環境だけでなく、日本人の生活習慣や価値観もバリアのひとつになっている側面があります。
たとえば、お年よりは寝起きがしやすいベッドを使いたがらず、椅子に座って過ごすのが楽であっても、たたみの上に横になるといった具合です。

三世代同居のイメージイラスト
三世代同居のイメージイラスト

住宅で困っていること(内閣府の調査より抜粋H17調査)

住宅で困っていることが「ある」と答えた方は4割を越えていました。


老朽や借家の場合の不安・経済的な不安など「困ったこと」は多岐にわたります。持ち家の場合は設備機器や間取りの変更・段差解消など家庭内事故を防ぐために住宅改修は有効です。

東陶川越ショールームイベント参加中

TOTOリモデルクラブ2012夏の感謝祭
ノーリツさんの展示ガスコンロ最新式
ノーリツさんの展示ガスコンロ最新式
大建工業さんの展示室内ドアー床暖房新作
大建工業さんの展示室内ドアー床暖房新作
YKKAPさんからエコ窓展示
YKKAPさんからエコ窓展示

TDYと、ノーリツさん。
暑いなかご来場いただいた皆様に感謝。

明日も、10:00受付開始です。

リフォームテイクファイブ

iPhoneからの投稿

日立のIHじっくり研究してきました。

日立のIHはグリル庫内が平ら

こないだクリナップさんのイベントで、日立のIHのデモンストレーターさんと遊んだ。

日立の新型IHは、グリル内のヒーターが上がって、庫内がふけます。
すばらしい、。
※コレに共感したひとはコメント下さい。

ちょっと不勉強でした。すいません。

クリナップ川越ショールームにも展示あります。

ご興味あればご一報下さい。
0120-933-105 テイクファイブ澤村まで。
お料理教室でもしてみましょう。

内窓をつけるとどうなるの?|実験してみよう!

さっきヤクルトさんがやってきて、お話してたらインプラスに興味津々。

エコ窓リフォームやるなら今年だからね。

住宅版エコポイントは大きいよ。

北側の洗面所が寒いのだけれど、

小窓に内窓つけたら寒さはどうかしら?

…小窓ですからね。どのくらい寒さが軽減するかはちょっとなぞ。

壁からも寒さはきますからね。

※戸建住宅熱が逃げるイメージ

熱が逃げるイメージ
熱が逃げるイメージ

トステムさんのカタログから

自宅で実験してみよう!

いいことおもいつきました。

ここに内窓をと思い立ったところに、何か断熱材を貼り付けて目張りをします。

※リビングなんかは少し恥ずかしい…。

プチプチシートとか小窓なら発泡スチロールとか。

※自宅にあるガムテープは剥がすときに危険なので、

建築用の養生テープ(きれいにはがれます)がおすすめです。

なるべくがっつり止めてみてくださいネ。

※ホームセンターに行くと何でも売ってます。お店の人に聞いてみてください。

体感気温が上がればやってみる価値あり。

くれぐれも冬じゅうやらないでね。かびたりすると大変だから。

やってみた人は結果を教えてください。